电竞app哪个好?イベント情報
Topics

エピゲノムの制御を受けた転写の方程式-エピゲノム異常の影響を反応素過程ごとに理解する-

掲載日:2020/11/26

 理化学研究所生命機能科学研究センターエピジェネティクス制御研究チームの梅原崇史チームリーダー、若森昌聡技師、東京大学大学院薬学系研究科の岡部弘基助教、東京工業大学情報理工学院の瀧ノ上正浩准教授、千葉大学大学院理学研究院の浦聖恵教授らの共同研究グループは、細胞の機能発揮に関わる「エピゲノム」の化学修飾が遺伝子の転写に与える影響を、反応の素過程に分けて定量化する方程式を導出しました。
 本研究成果は、がん細胞などで見られるエピゲノム異常が転写のどの反応素過程に影響するかの理解につながると期待できます。
 本研究は、科学雑誌『Nucleic Acids Research』のオンライン版(11月26日付)に掲載されました。 

図1.png

エピゲノム修飾が影響する転写反応素過程の理解

プレスリリース本文はこちら